YouTubeを活用して毎月30万円以上の副収入を得る方法


YouTubeアドセンスでの稼ぎ方が学べる無料メール講座


ブログは積み上げ型の資産になるというのは、本当の話だったりする。

ブログ更新を怠らずに、一生懸命更新を行っていると、

そのブログはいつか資産になると言われています。

 

これって、ブログを開始した当初はどうもしっくりこない話ですが、

ずーっとブログ更新を継続していると、

ふとした瞬間に「まさに!」としっくりくるときがやってくるんですね。

 

実は、私は最近、これを結構思っていたりします。

 

 

ちょっと前までこのブログの更新をしばらくお休みしていたんですが、

ここ最近は頻繁に更新するようになったんですね。

 

このブログって、運用歴はそこそこ長いので、

意外とアクセスが集まっています。

 

そこで、それをこのまま放置してしまうのって、

もったいないんじゃないかなーと思い、

再度、ブログ更新を始めてみたというわけなんですね。

 

そしたら、徐々に徐々にいい感じで、

自分の資産が積み上がってきています。

 

 

で、この話をすると、

「ブログでは教材を紹介していないのに!?」

と、疑問に思う方がいるでしょうが、

逆にそこがポイントだったりもするんですね。

 

それでも目に見えていい感じにはなってきているんです。

 

「どこが?」って思ったら、

もしかすると、あなたのブログ運営はまだまだ甘いかもしれません。

 

私がやっている形式が、

今の時代の稼ぐための正しいブログ運営です。

 

まぁこの辺の理由などに関しては、

私のメールマガジンを読んで頂くと、わかるかと思います。

プレゼント付き無料メールマガジンはコチラ。

 

タグ


2014年10月10日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ビジネス

行動せざるを得なくなる方法

「行動してないから」

 

自分でビジネスを行っているのにもかかわらず、

「なかなか稼げないんだよな・・・」

という人が停滞している理由は

ほとんどがタイトルの通り

「行動してないから」です。

 

 

これって、言われてみると

グサッと来ると思いますが、

 

多くの人は、その問題を

自分自身でも認識している場合が多いです。

 

 

メルマガを書かなきゃいけないのに、

友達に誘われて飲み会に行ってしまったり、

ブログを更新しなきゃいけないのに、

ついついテレビを見て時間を無駄にしたり、

 

「あっ、俺ってこれがいけないんじゃん!」

 

というタイミングがあなたにもあるはずです。

 

 

まぁそのタイミングを認識して、

克服することができれば

稼げるようになるわけですが、

 

人間は自分自身に甘い生き物なので、

それを克服するのが意外に難しかったりもします。

 

でも、これを簡単に解決する方法があるんですね。

 

それは何かというと、

「自分自身をやらなければいけない状況に追い込む」

ということです。

 

 

あなたが副業として

自分のビジネスに取り組んでいるのなら、

一番過激なやり方は、

「思い切って会社を辞めてみる」ということです。

 

ただ、これって正直勇気がいるので、

まず間違いなくほとんどの人は選択できません。

 

 

なので、もう少し簡単な方法で言うと、

「行動せざるを得ないくらいの金額を

自分のビジネスに投資してしまう」

という方法があります。

 

 

例えば、

あなたがメルマガアフィリエイトをやっていて、

なかなかメルマガを発行できていないのなら、

嫌でもメルマガを発行せざるを得ない状況を作りだすんです。

 

高機能なメルマガ配信スタンドに

毎月数万円のお金を払ってしまうとか、ですね。

 

こういった感じで自分を追い込んでみると、

行動力が身についてきます。

 

あとは、めちゃくちゃ魅力的な

ビジネスモデルに出会うとかもいいですね。

「これはやらなきゃ絶対に損だろ!!」

って思うようなビジネスに出会えれば、

嫌でも実践することになるはずです。

 

私のメール講座では、

そんなビジネスモデルを教えています。

やらなきゃ損!と思える個人ビジネスの詳細

 

タグ


2014年6月21日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ビジネス

コピーライティングなんて勉強するな!

ペン1本だけで、
世界中どこにいても、好きな時に
好きなだけ収入を得る!

それがコピーライティングの力です。
そう、コピーライティングとは、
あなたの収入をコントロールする
魔法のスキルなのです・・・。

 

みたいなアプローチが、かつて流行ってましたね。

 
これを聞いて、

「コピーライティング最高!!」

と思って、コピーライティングを
勉強し始めた人も多いと思います。
まぁ私も実際にそうでしたが(笑)

 
ですが、ここ最近
ビジネスの勉強&実践をしてきて、
気が付いたことは、

コピーライティングは万能ではない
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
という事実です。

 

もちろん、
コピーの力を持っていることは重要です。

 

でも、冷静に考えてもらいたいのは、
仮に、クソみたいな商品を
コピーライティングの技術を駆使して、

とんでもなく魅力的な商品に思わせて、
顧客に購入させるというのは、
ビジネスとして正しいのか?

ということです。

 

結局は、本当に魅力的な商品だったり、
とても役に立つ企画だったり、

そういった素晴らしいものを適切に伝えるのが
コピーライティングの技術なんです。

 

つまり、ビジネスにおいて重要なのは、
コピーライティングよりも、

商品・企画 = オファー

ということです。

 
どういう結果を保証する商品なのか?

どんな気持ちにさせてくれる企画なのか?

 

こういったオファーがあってこそ、
コピーライティングの力が生きてくるわけです。

 

また、今の時代は、
オファーや企画の力さえあれば、

それを魅力的だと感じた人が、
SNSなどを使って
勝手に拡散してくれる可能性もあります。

 

いま、ネットの世界では、
クラウドファンディングが流行っていますが、

あれなんて
典型的なオファーのみのアプローチですよね?

 

「こういう企画を考えてます。
共感したら、資金提供してください!」

っていうオファーですからね。

 
要は、ビジネスを成功させたいのであれば、
コピーライティングを
異常なまでにガリガリ勉強する前に、

しっかりとしたオファーの考え方、企画の立て方、
こういったことを学ぶべきです。

 

魅力的なオファーを立てることができれば、
あとは決済リンクをペロッと貼るだけで、
勝手に売れてしまうということです。

 

さらに深くビジネスを学びたい場合は、

私の無料メール講座を読んでみてください。

 

タグ


2014年6月11日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ビジネス

アウトレット不動産という“ワケあり賃貸”が人気らしい

アウトレット不動産呼ばれるものが、

ちょっとしたブームになっているそうです。

 

「アウトレット」というと、

傷物や売れ残り的なイメージがあるかと思いますが、

アウトレット不動産というのも、まさにそんな意味らしく、

要は「事故物件」と呼ばれるワケあり物件のことを指すそうです。

 

最近では、アウトレット物件に特化した

不動産会社もあるらしく、意外と話題になっています。

また、最近では賃貸として事故物件を借りる人も増加傾向にあるそうです。

 

事故物件というと、いわくつきの物件のことなので、

個人的にはそこに住むのは気が進みませんが、

別に何も気にしないという人にとっては、

安く住めるなどのメリットもあるのでしょうね。

 

で、私がこのアウトレット不動産という存在で

ビジネス的に賢いな、と思ったのは、

「賃貸を安く借りたい!」という人にとっては

「アウトレット物件」という打ち出し方の訴求力が抜群に高いということです。

 

事故物件などを気にしていない人たちは、

「とにかく、安ければいい」という発想で家を借ります。

 

そういった人たちにとっては、

普通の賃貸会社に行って安い物件を探すよりも、

「アウトレット物件を専門で取り扱ってます!」

という特徴のある会社の方が目立つし、

自分の目的を簡単に叶えてくれそうなので、

そちらに積極的に行くことになります。

 

あと、

「アウトレット物件を専門に扱っています」と言いつつ、

普通の物件も紛れ込ませるなんていうビジネス戦略も

あり得るのかもしれません。

 

よくあるインターネットで販売されているワケあり品とか、

大量に在庫が余ってしまったので・・・的なアレと同じです。

ああいうのは基本的にワケなんてないですからね。

ただの建前というか、セールス的な演出であることが往々にしてあります。

 

年中、閉店セールをやってるお店なんかも

売るための演出にすぎませんよね?

 

とはいえ、私は特にそういったセールスの演出に否定的ではなく、

誰も損をしたわけじゃないからいいんじゃないかな、と思うタイプです。

 

仮に、アウトレット物件を取り扱っている会社が、

普通に人気のない物件をアウトレット物件として

取り扱っていたとしても、誰も損をしませんよね?

 

例えば、すごく人気のない物件で

とんでもなく安い賃料の物件があったとします。

 

その物件って、普通の不動産会社が案内すると、

借り手が見つかりにくいはずなんですよ。

人気がないから安いだけなのに、

妙に安いことに違和感を覚えて誰も借りないみたいな。

 

それこそ

「この物件って事故物件なんじゃないか・・・」

という不安から借り手が見つからないこともあるでしょう。

 

でも、その同じ物件を「アウトレット物件です」と案内したら、

「賃料が安いのは事故物件だから」という解釈で納得されるので、

借り手が早く見つかる可能性も高くなるはずです。

 

人間というのは、ただ安いだけだと「怪しい」と感じます。

でも、その安さに明確な理由があれば、納得します。

 

その辺の真理を逆手に取ったアウトレット不動産というビジネスは

ビジネスモデルとして非常に興味深い手法だと思います。

 

こういったビジネスモデルに関する話が好きなら、

こちらから私のビジネス系メルマガを購読してみてください。

 

私も面白いビジネスモデルを展開していますので、

興味があればぜひ読んでみてください。

 

タグ


2014年4月9日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ビジネス

増税後の価格表示が【税抜き価格】である本当の理由とは?

増税後、スーパーなどに行った際に、

商品の価格表示が【税抜き価格】で表示されているのが気になりませんか?

 

 

先日、消費税が8%になりましたが、

4月1日以降、私の家の近くのスーパーでは、

商品は【税抜き価格】で表示されています。

 

例えば、477円とか、618円とか、中途半端な感じです。

あれの本当の理由って知っていますか?

 

一般的には、来年以降に消費税が10%になるのに当たり、

特例で【税抜き表示】が許されているから、という話らしいです。

 

ただ、実際はもっと別の理由があるんですよね。

まぁあくまでも、これを意図せずやっているお店もあると思いますが、

大半は意図的に【税抜表示】にしているんだと思います。

 

で、この【税抜表示】の理由ですが、

これは単純に商品価格が安そうに見えるから、です。

 

例えば、今まで消費税5%時代に500円だったお弁当が、

消費税8%になると、515円になるわけです。

 

4月1日以降、いきなり515円と表示してしまうと、

「うわぁ!15円も値上がりしてるよ・・・」

と直感的に思ってしまいますよね?

 

でも、これが【税抜477円】という表示だったらどうですか?

 

なんかパッと見て安そうに感じますよね?

 

要は、これが狙いなんですね。

 

 

どういう事かというと、

税込み価格で515円と表示してしまうと、

誰にとっても、その価格は【515円】と認識できてしまいます。

それこそ、小学校低学年でも【515円】だと認識できます。

 

でも、【税抜477円】と表示されると、

それがイコール【税込515円】だと認識できる人はグッと激減します。

大人でも正しい税込価格を認識するのは難しいでしょうね。

 

もちろん、電卓とかを使えば、すぐに

【税抜477円】はイコール【税込515円】だとわかります。

でも、買う物をいちいち

全部電卓を使って計算する人なんていませんよね?

 

事実、あなたは4月1日以降に買ったものの税抜表示に対して、

毎回、毎回、消費税8%分を考えて、購入してませんよね?

 

人間というのは、基本的には怠け者です。

考えること、思考することは面倒なんですね。

 

【税込515円】という表示をしてしまうと、

その価格を10人の人が見たら、

10人とも【税込515円】だと認識するので、

結果的に「高い」と感じて購入をやめる人もいるかもしれません。

 

でも、【税抜477円】と表示した場合は、

その価格を10人の人が見たら、8人くらいは何も考えずに購入し、

残りの2人くらいが税込み価格を考えるという感じになります。

 

ということで、事業者側としては、

消費者に「高い!」という感情を抱かせないための価格表示として、

【税抜表示】をしているというわけです。

 

で、これに関して私は別に「ずるい」とかは思いません。

むしろ、世の中の商売人は売り上げを上げるために

色々なことを考えてるなーと感心しますね。

 

こういった感じで日常生活の些細な一場面にも、

商売のキモやビジネスの裏の仕掛けが潜んでいます。

 

こういったことに気付けるようになると、

自分自身のビジネスでも

工夫を凝らして利益を増やすことができますね。

 

もし、あなたがこういったビジネスの話が好きなのであれば、

ぜひ私のメール講座を受講してみてください。

 

真剣にビジネスを学べば、月に5万円くらいの副収入であれば、

すぐに手に入れることができます。

 

 

タグ


2014年4月8日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ビジネス

消費税アップ前のトイレットペーパー買い溜めは本質的か?

4月1日から消費税が5%→8%になりましたね。

なんだかんだ言って、小売業なんかは増税前の駆け込み需要というやつで、

3月は売上が好調だったところもあるようです。

 

で、私が増税前に驚いたのは、

みんながみんなトイレットペーパーなどの生活必需品を

かなり多く買い溜めしているということです。

 

テレビのニュースでも特集されるくらいでしたからね・・・。

まるでオイルショックです。

 

で、あの行動を見て疑問に思ったんですが、

あの行動って本当に本質的なんでしょうか?

 

確かに、トイレットペーパーも、ティッシュペーパーも

水も、子供用のおむつも生活必需品ですよ。

きっといつかは使う物なので、無駄にはならないでしょう。

 

でも、冷静になって考えてみると、

「増税」という事象に対する正しい反応ではないですよね。

 

だって、買い溜めした生活必需品が切れれば、

結局は消費税8%で物を買わなければいけないわけですから。

 

だったら、むしろ、消費税が3%アップするという事象に対して、

「俺も4月までに収入を3%アップさせてやる!」

というのが建設的な反応ですよね?

 

冷静に考えれば、消費税が5%のときと8%のときの差って、

本体価格1万円のものの場合、たったの300円ですよ。

トイレットペーパーを1万円分買ったって、

たったの300円しか変わりません。

というか、トイレットペーパーなんて

1万円分も買わないでしょう。置くところがないですし。

 

でも、みんながみんなたった数百円のために、

血眼になってスーパーを駆け巡って、

生活必需品を買いあさってたわけですよ。

 

そういう人たちに限って、目先の数百円のために

異常なまでに行動をするのに、

1年後、2年後を見据えてそもそもの収入アップというものを

目指して行動をしないわけです。

 

まったくもって本質からかけ離れてますよね?

 

結局、何が言いたいかというと、

増税で目先の数百円~数千円のために一生懸命になるなら、

もっと先の数十万円~数百万円を見ようよ、ってことです。

 

この考え方に共感できるのならば、

こちらから無料メール講座に登録してみてください。

 

消費税アップ分よりも、収入アップ分の方が上回るはずです。

 

 

タグ


2014年4月3日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ビジネス

YouTubeアドセンスでの稼ぎ方が学べる無料メール講座

このページの先頭へ

サラゲコ