YouTubeを活用して毎月30万円以上の副収入を得る方法


YouTubeアドセンスでの稼ぎ方が学べる無料メール講座


ビール売りの少女

今日は、ちょっと面白い話を聞いたので、

共有したいと思います。

 

 

夏になると、ビールがおいしくなりますよね!

まぁ私はビールが好きじゃないんですが。

 

とにかく、好きな人にとっては、

今の時期、ちょっと涼しくなった夜風に吹かれて

ビールを飲むのは最高でしょうね。

 

 

で、よく野球場とかでビールの売り子を

やっている女性がいるじゃないですか?

 

実際、結構可愛い子が多いらしいですね。

 

でも、ああいう子を見ると、

「よくこんなクソ暑いのに重い物もって売り子をやってるなー」

と思いませんか?

 

 

あれ、なんでかっていうと、

純粋に“儲かるから”らしいです。

 

売り子の給料は歩合制みたいですね。

 

 

やっぱり、球場に来ているおじさんの心理からすると、

同じビールなら、可愛い子から買いたいわけです。

 

だから、可愛い子は結構売れるというわけです。

 

 

50本売ったら、1本あたり200円の給料で、

100本売ったら、1本あたり300円の給料、

みたいな歩合制になっているらしいので、

女の子も一生懸命売って売って売りまくる、と。

 

 

この仕組み、結構面白くないですか?

 

歩合制っていうのは昔からありますが、

こういうところでも使われているんですね。

 

 

よくアフィリエイトキャンペーンでもありますよね。

何本売ったら、報酬アップみたいな。

 

 

どこの業界でも同じ理論が役立つんだな、と感心しました。

 

 

やはり、日頃から

「自分のビジネスにはどうやったら活かせるか?」

と考える癖をつけることで、

どの業界にでも使える理論を見つけ出すことは可能です。

 

それによって、おいしく儲けることもできるんですね。

 

 

▼追伸

 

あなたはビジネス的な視点を日常的に持っていますか?

もし、

「自分はビジネス的な視点が弱い・・・」

と思っているのなら、こちらをご覧ください。

 

タグ


2013年8月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:メルマガ

4,000本安打を達成したイチローの名言

先日、イチロー選手が4,000本安打を達成しましたよね。

 

いやー凄いですね、イチロー。

 

といっても、

私は残念ながら、全く野球に興味はないんですが・・・

 

 

とはいえ、そんな私ですら、知っていて

「凄いなー」と思ってしまうイチロー選手は本当に偉大だと思います。

 

そんな彼が言っていた名言で

グサーっと心に刺さったものがあったので、

ぜひ共有したいな、と思います。

 

 

その名言とは・・・

 

「他人の記録を塗り替えるのは7割、8割の力でも可能だが、

 自分の記録を塗り替えるには10以上の力が必要だ」

 

というものです。

 

 

この言葉シビれませんか?

私は、シビれました。

 

結局のところ、「ライバルは昨日の自分!」ということですね。

 

 

例えば、あなたがライバル視している

誰かの年収が5,000万円だったとして、

その年収を超えたいと思ったら、8割くらいの力でも

超えることは可能だということだと思うんですね。

 

ただ、逆に考えると、

もしかしたら、その人のことを超えられない可能性もあるわけです。

 

そう考えたら、他人の年収だったり、

他人の記録を超えようと思って、

努力するっていうのは、どこか先が見えない行為ですよね。

 

 

でも、毎日、毎日、

自分の中で10以上の力を発揮し続ければ、

自分の記録は塗り替えられるんです。

 

つまり、

昨日の自分よりも高いパフォーマンスを発揮できるように努力を続ければ、

いまの年収(いまの記録)は塗り替えることができるんです。

 

 

結局、私たちがやるべきことは、

他人の記録や他人の事に気を取られるのではなく、

自分自身を成長させることに集中していくべきなんだな、

ということです。

 

 

▼追伸

 

イチローの名言に刺激を受けて、

今の自分の記録を更新していきたいと思ったら、

こちらをクリックしてください。

 

タグ


2013年8月27日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:メルマガ

ぶっちゃけ、24時間テレビをどう思う?

 

昨日、夏の風物詩24時間テレビが放送されていましたね?

 

ぶっちゃけ、24時間テレビってどう思います?

 

出演者のギャラがどうこうといった批判もあったりしますが、

それに関しては人それぞれ賛否両論あると思います。

 

 

まぁ24時間テレビのことはさておき、

世の中にはチャリティーと組み合わせたビジネスが結構ありますよね。

 

ビジネス的観点から言えば、あれらは非常にうまいやり方だと思います。

 

 

例えば、TOMSという靴は、

靴が一足売れたら、世界の子供に靴を送る

というコンセプトで商売をしています。

 

この他にも、ちょっと前に流行った

リストバンドを買うと売り上げの何%かを募金する

みたいなものもありましたよね。

 

 

これらは、ただ単に商品を売るだけでは、

世間の注目を得られなかったり、

話題性がないからという理由で

その商品にコンセプトを持たせているんですね。

 

もちろん、社会貢献が先の場合もあるとは思いますが。

 

 

でも、ビジネス的観点からみれば、

代わり映えのない商品にコンセプトを与えて、

ユニークな商品にしているということです。

 

つまり、切り口を変えているんですね。

 

 

このやり方を参考すれば、

あなたのやっているビジネスがたとえありふれたものであったり、

あなたの売っている商品が競合とかぶっている場合でも、

それらの切り口を変えたり、コンセプトを付与することで、

全く新しいビジネス・商品に変えることができます。

 

 

「競合が多くて・・・」

「商品に特徴がなくて・・・」

という場合は、

ぜひ一度、

「どういうコンセプトを付与すれば売れるか?」

を考えてみることをお勧めします。

 

 

▼追伸

 

より深くビジネスについて学んで、

年収を上げたい場合は、このメール講座がお勧めです。

 

タグ


2013年8月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:メルマガ

神田昌典の成功の秘訣

首都圏のサラリーマンの通勤時間の平均は60分だそうです。

 

週5日勤務なら、1週間で5時間です。

5時間と考えると、かなりの時間ですね。

 

 

映画なら、軽く2本は見られますし、

本なら、読むのが遅くても1冊は読めます。

 

 

言うまでもなく、

このスキマ時間をいかに有効活用できるか?

というのは、非常に重要です。

 

 

電車の中でジャンプを読んでるサラリーマンとか、

DSをやってるサラリーマンって結構多いですよね。

 

あれを見ると、本気で心配になります・・・。

「こいつの人生、大丈夫かな?」って。

 

まぁ彼らは、彼らの人生があるので、別にいいですが。

 

でも、あなたには

そういう人にはなって欲しくないです。

 

だって、

私のメルマガを読んでるくらい意識の高い人ですから、

通勤時間も有効に活用したいはずですよね。

 

 

とはいえ、混んでる電車の中で

本を読むのが難しいときもあると思います。

 

そんなときでも、オーディオ教材であれば、

イヤホンを耳に突っ込んでいるだけで、

成功するための知識を効率的に吸収することができます。

 

 

神田昌典さんも言ってますよね?

 

「私が成功したのは、オーディオ学習を継続的に行ったからだ」って。

 

 

そんなわけなので、

この土日に、これをダウンロードして、

あなたのiPodに入れておいてください。

 

来週から、通勤時間が

成功のための学習時間に変わるはずです。

 

タグ


2013年8月23日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:メルマガ

本なんか読んでる奴は一生成功できない!

「本なんか読んでる奴は一生成功できない!」

と聞いて、どう感じますか?

 

「そうなのか!」

と納得してしまったとしたら、その感覚はやばいです。

 

 

そんなわけありません。

 

むしろ逆で、

「本を読んで知識を得なければ成功はできません」

 

 

でも、現実問題として、

世の中には本を読むのが苦手・・・という方もいます。

 

まぁあなたは、そんなことないかもしれませんが、

それでも、「できればもっと楽に本とか読めたらなぁ・・・」

と思っているかもしれませんね。

 

もし、あなたがそんなことを思っているとしたら、

本を読まずにもっと簡単に知識を得る方法があります。

 

それは、オーディオブックを聴くということです。

 

オーディオブックであれば、本を持ち歩かなくても、

スマホやMP3プレイヤーに保存しておくだけで、

いつでも、どこでも学習することができます。

 

本というのは、どうしても“読む”という行為が伴うので、

多少の苦労や努力が求められます。

 

でも、オーディオブックを“聴く”という行為は、

苦痛も何もありません。

 

だって、ただ“垂れ流すだけ”で

知識を得ることができるわけですからね。

 

もし、あなたが

「本を読むのはちょっと苦手なんだよな・・・」

ということであれば、

まずはオーディオブックから知識を得ることを

始めてみることをお勧めします。

 

むしろ、オーディオブックを聴く

ということすらできない人は、成功とは程遠いですね・・・

 

ちなみに、

オーディオブックでの最近のお勧めはこれです。

 

タグ


2013年8月22日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:メルマガ

連休も終わりかぁ・・・とブルーになっている人は必見!

今日で連休が終わり、

明日から仕事が再開という方も多いと思います。

 

あなたがもし、

「うわぁー明日からまた仕事かぁ・・・」

と、ネガティブな気持ちになっているのなら、

今の仕事を、今後も数十年つづけていくのは拷問に近いと思います。

 

 

もし人生を変えたいのであれば、

もっと自由に、自分らしく取り組める仕事を見つけるべきですね。

 

自由に生きるヒントはここで教えています。

⇒ 自由に生きるために勉強する!

 

タグ


2013年8月18日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:メルマガ

コンビニなぞなぞ

田舎のコンビニには必ずといっていいほど存在しているけど、

都会のコンビニには、意外とないもの・・・

 

これって、なんだかわかりますか?

 

 

私は、コンビニに行くたびに常々思っていたんです。

 

コンビニの駐車場に立っている看板って、

「酒・たばこ」って書いてありますよね?

 

あれは、おそらく

「酒とたばこが売ってるから、来ちゃいなよ!」

という誘い文句だと思っているんですが、

ここまでコンビニというものが一般化したこの時代に、

まさか、コンビニで「酒とたばこが買える」という事実を

知らない人は、いないと思います。

 

 

ということはですよ。

 

あの「酒・たばこ」という看板は、何の訴求効果もないわけです。

 

見込み顧客にとって、何のメリットでもないわけですよね?

まぁはっきり言って、無駄です。

 

 

さて、ここで出てくるのが冒頭の話です。

 

 

田舎のコンビニには必ずといっていいほどあるけど、

都会のコンビニには意外とないもの・・・

 

これの答えは、わかりましたか?

 

 

それは、トイレです。

 

 

そう、田舎のコンビニというのは、

必ずといっていいほど、コンビニ内にトイレがあります。

 

逆に、都会のコンビニって

意外とトイレがない店舗って多いんですよ。

 

特に、東京の中でも都心といわれる渋谷とか新宿とか、

その辺のコンビニは本当にトイレがないところが多いです。

 

田舎出身の私にとっては、本当にびっくりです。

 

田舎の人にとって、

コンビニって基本的にトイレがあるものですからね。

 

 

都会では、お腹の調子が悪く、緊急事態になって、

コンビニに駆け込んだとしても、

「トイレがない!」ということがあり得るんです。

 

わかる人には、わかると思いますが、

本当にコンビニのトイレというのは助かりますよね。

 

 

だから、コンビニの看板は、

「酒・たばこ」ではなく、「トイレあります!」の方が

絶対に看板を見る人にとっての訴求力は強いはずなんです。

 

「酒とたばこ」が売っていないコンビニは見たことがないですが、

「トイレがない」コンビニはかなりありますからね。

 

そんな状況で、「トイレあり」の看板を掲げていたら、

緊急事態に陥っている人は、

間違いなくそのコンビニに行くでしょうね。

 

 

しかも、コンビニでトイレを借りた後って、

それだけじゃ悪い気がして、

「なんか買ってあげようかな?」

と思ってしまって、実際にガムとか買うことあるじゃないですか?

 

俗にいう、返報性の原理ってやつですね。

 

先にトイレを貸してあげて、

そのお礼に商品を買ってもらう。

 

 

看板というのは、広告です。

見込み顧客を自分の店舗に引き込むためのメッセージです。

 

それをうまく活用するためには、

競合の状況、市場の状況、自社の状況を

見極める必要があります。

 

 

今回の事例で言えば、

競合の状況=トイレがないコンビニもある

市場の状況=酒とたばこが売っているのは当たり前

自社の状況=うちのコンビニはトイレがある

ということです。

 

 

この辺を加味して、広告メッセージを工夫すれば、

それだけで見込み顧客は増えます。

 

こんな視点を持って世の中を見渡してみると、

非常に面白いので、お勧めです。

 

 

▼追伸

 

上の話でやっているのは、

マーケティングで言うところの3C分析というやつですね。

 

コンビニのトイレを3C分析した事例です。

 

こういった発想を持てるようになって、

自分のビジネス力を高めたい場合は、

こちらのメール講座を読んでみてください。

 

タグ


2013年8月17日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:メルマガ

あなたを苦しめ続けるもの

あなたが経済的な自由を

手に入れるためにやるべきことは、非常にシンプルです。

 

それは、“お金の流れを意識する”ということです。

 

 

あなたの手元に残るお金というのは、

「収入-支出=残るお金」

ですよね?

 

で、きちんと“お金の流れ”を

意識できていない人というのは、「支出」の管理が下手です。

 

 

すごくシンプルに言うと、

必要なものに投資して、不要なものは切り詰める。

 

たったこれだけを意識するだけで、

手元に残るお金というのは全然変わってきます。

 

 

お金が貯まらない人というのは、

不要なモノばかりにお金を使っている人です。

 

そして、収入が増えない人というのは、

必要な知識・ノウハウにきちんと投資できない人です。

 

 

特に、支出の中でも注意すべきなのは、

定期的に出ていくお金の流れです。

 

例えば、家賃・光熱費・携帯電話の料金、など。

 

なんとなく、毎月支払っているので、

何も意識せずに支払い続ける人が多いですが、

冷静に考えると、不要な支出は結構多いものです。

 

 

携帯のプランなんかも契約時のままという人は多いですが、

「そのプランで本当にいいんだろうか?」

と考えてみる必要があります。

 

 

あとは、毎月特定の人との飲み会があるのであれば、

それも定期的に出ていく負債の可能性があります。

 

その時間があなたにとって、

非常に有益なものであれば話は別ですが、

大抵の場合、飲み会に行ってもお金持ちになることはできません。

 

であれば、その定期的な飲み会代は大きな負債ということになります。

 

 

その辺の定期的な支出(負債)を削っていけば、

いざというときに、必要な知識・ノウハウに

投資するためのお金を蓄えておくことができます。

 

そして、そこで蓄えたお金を

必要な知識・ノウハウにしっかりと投資をすると、

あなたはお金持ちになることができます。

 

 

ですので、まずは、一度、

自分の支出で無駄なものがないかをじっくりと考え、

見直してみることをお勧めします。

 

 

▼追伸

 

お金の流れを意識することは非常に大切ですが、

ちょっと小手先の部分という感じです。

 

本質的な部分で物事を考えられるようにならないと

いつまでたっても貧乏のままです。

 

小手先のテクニックではなく、

もっと本質的なビジネス力を手に入れたいのであれば、

私のメール講座がお勧めです。

 

タグ


2013年8月16日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:メルマガ

新規顧客を連れてくる意外な方法

昨日のメルマガで

「些細な変化を受け入れよう!」

といったことを言いました。

 

そこで、私自身、率先して小さな変化を起こすという意味で、

今まで行ったことのない美容室に行ってみました。

 

 

で、意外と、その美容室のマーケティングが

いいと思ったので、共有したいと思います。

 

 

ちなみに、私は、今まで何年も

同じ美容室に通っていたのですが、

今回は気分を変えて、違う美容室に行ってみました。

 

まぁ普通に髪を切ってもらったのですが、

お会計の時に「ご紹介カード」なるものをもらったんです。

 

要は、友人・知人を紹介してもらえると、

紹介した人も、紹介された人も、

30%OFFになりますよ、というものです。

 

 

これが結構いい仕組みだな、と思ったんですね。

 

確かに、そこまでひねりがあるマーケティングではないですが、

それでも、そこからの紹介というのはバカにできません。

 

 

しかも、この施策って簡単な紙に

「紹介してくれたら30%OFF」

というオファーを書いて会計時に渡すだけなので、

コストもほとんどかかっていません。

 

 

美容室で重要なのは、

どうやって初回訪問してもらうか?

どうやってリピート客になってもらうか?

という二点です。

 

 

この「ご紹介カード」という施策は、

少ないコストで、初回訪問のお客さんを効率的に増やすことができます。

 

こういった施策をやっている美容室も少なくはないですが、

全然こういった施策ができない美容室が多いのも事実です。

 

そう考えると、

こういった些細なマーケティング施策が

その店の売上に貢献しているということも十分にあり得るわけです。

 

 

また、「ご紹介カード」を使った

紹介マーケティングの良いところは、

「いい形での紹介が期待できる」という点です。

 

だって、いくら30%OFFになるからといっても、

あなたは、あまりにもクソすぎる美容室を

友達に紹介するなんてことはしないですよね?

 

仮に紹介する場合は、

「結構良かったし、30%OFFだからいいんじゃない?」

とか、

「まぁ普通だけど、安くなるし、一回くらいいんじゃない?」

といった感じで紹介しますよね?

 

つまり、

紹介された人は、最低でも、普通以上を期待して、

その美容室にやってくるわけです。

 

その初回の施術の際に、

期待以上のパフォーマンスを返せば、

十分にリピート客になってもらえる可能性もあります。

 

 

簡単なことではありますが、ビジネスで既存顧客に対して

「紹介してね!」

というメッセージを発するということは、

予想以上に効果の高いことなのです。

 

 

だから、あなたのビジネスにも

何らかの形で「紹介」というフェーズを挟み込むことができれば、

新規顧客の獲得が楽になるということは十分にあり得る話なのです。

 

 

ちなみに、私のメール講座も、

今までに誰もやっていない紹介手法を取り入れていますので、

その点もなかなか面白いかと思いますよ。

⇒ 無料のメール講座をチェックする!

 

タグ


2013年8月15日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:メルマガ

“変化を受け入れる”ということ

変化を恐れないこと。

 

これは、成功する上で絶対に必要な要素です。

 

 

今までの平凡な人生をやめる決断をし、

「成功するんだ!」と決意して行動するということは、

“変化を受け入れる”ということです。

 

 

でも、世の中の多くの人は、変化を受け入れることができません。

 

そう、多くの人はビビりなんです。

 

 

もし、あなたも変化を受け入れるのが苦手ということであれば、

徐々に変化を受け入れることに慣れていくことをお勧めします。

 

 

具体的には、毎日の生活の中に

ちょっとした変化を取り入れるということをやってみるべきです。

 

最初は、本当に些細なことでもいいです。

 

例えば、

・いつも通ってる道と違う道で通勤してみる。

・いつも買ってるのと違う牛乳を買ってみる。

・いつも行っている美容院と違うところに行ってみる。

とか、本当に些細なことでもいいんです。

 

 

で、成功できない人というのは、

この話を聞いて、

「そんな些細なことやっても何も変わるわけないじゃん!」

といって、些細な変化を受け入れることができません。

 

だから、人生が変わらないんです。

 

 

だって、普通に考えて、

その程度の些細な変化すら受け入れられない人が、

貧乏人から「お金持ちになる」という

劇的な変化を受け入れられるわけがないじゃないですか。

 

 

あなたは、

「そんな些細なことやっても変わらないよ・・・」

と言って、些細な変化を受け入れられない人ではなく、

「徐々に変化への対応力を上げていこう!」

という前向きな姿勢を持てる人だと思います。

 

そして、

あなたのように、些細なことでもバカにせずに

「やってみよう!」と思える人が

のちのち、成功者になっていくのです。

 

もし、あなたが今すぐ

「自分の生活に些細な変化を取り入れたい!」

と思うのなら、こちらの無料メール講座がお勧めです。

 

タグ


2013年8月14日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:メルマガ

YouTubeアドセンスでの稼ぎ方が学べる無料メール講座

このページの先頭へ

サラゲコ