YouTubeを活用して毎月30万円以上の副収入を得る方法


YouTubeアドセンスでの稼ぎ方が学べる無料メール講座


アウトレット不動産という“ワケあり賃貸”が人気らしい

アウトレット不動産呼ばれるものが、

ちょっとしたブームになっているそうです。

 

「アウトレット」というと、

傷物や売れ残り的なイメージがあるかと思いますが、

アウトレット不動産というのも、まさにそんな意味らしく、

要は「事故物件」と呼ばれるワケあり物件のことを指すそうです。

 

最近では、アウトレット物件に特化した

不動産会社もあるらしく、意外と話題になっています。

また、最近では賃貸として事故物件を借りる人も増加傾向にあるそうです。

 

事故物件というと、いわくつきの物件のことなので、

個人的にはそこに住むのは気が進みませんが、

別に何も気にしないという人にとっては、

安く住めるなどのメリットもあるのでしょうね。

 

で、私がこのアウトレット不動産という存在で

ビジネス的に賢いな、と思ったのは、

「賃貸を安く借りたい!」という人にとっては

「アウトレット物件」という打ち出し方の訴求力が抜群に高いということです。

 

事故物件などを気にしていない人たちは、

「とにかく、安ければいい」という発想で家を借ります。

 

そういった人たちにとっては、

普通の賃貸会社に行って安い物件を探すよりも、

「アウトレット物件を専門で取り扱ってます!」

という特徴のある会社の方が目立つし、

自分の目的を簡単に叶えてくれそうなので、

そちらに積極的に行くことになります。

 

あと、

「アウトレット物件を専門に扱っています」と言いつつ、

普通の物件も紛れ込ませるなんていうビジネス戦略も

あり得るのかもしれません。

 

よくあるインターネットで販売されているワケあり品とか、

大量に在庫が余ってしまったので・・・的なアレと同じです。

ああいうのは基本的にワケなんてないですからね。

ただの建前というか、セールス的な演出であることが往々にしてあります。

 

年中、閉店セールをやってるお店なんかも

売るための演出にすぎませんよね?

 

とはいえ、私は特にそういったセールスの演出に否定的ではなく、

誰も損をしたわけじゃないからいいんじゃないかな、と思うタイプです。

 

仮に、アウトレット物件を取り扱っている会社が、

普通に人気のない物件をアウトレット物件として

取り扱っていたとしても、誰も損をしませんよね?

 

例えば、すごく人気のない物件で

とんでもなく安い賃料の物件があったとします。

 

その物件って、普通の不動産会社が案内すると、

借り手が見つかりにくいはずなんですよ。

人気がないから安いだけなのに、

妙に安いことに違和感を覚えて誰も借りないみたいな。

 

それこそ

「この物件って事故物件なんじゃないか・・・」

という不安から借り手が見つからないこともあるでしょう。

 

でも、その同じ物件を「アウトレット物件です」と案内したら、

「賃料が安いのは事故物件だから」という解釈で納得されるので、

借り手が早く見つかる可能性も高くなるはずです。

 

人間というのは、ただ安いだけだと「怪しい」と感じます。

でも、その安さに明確な理由があれば、納得します。

 

その辺の真理を逆手に取ったアウトレット不動産というビジネスは

ビジネスモデルとして非常に興味深い手法だと思います。

 

こういったビジネスモデルに関する話が好きなら、

こちらから私のビジネス系メルマガを購読してみてください。

 

私も面白いビジネスモデルを展開していますので、

興味があればぜひ読んでみてください。

 

タグ


2014年4月9日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ビジネス

YouTubeアドセンスでの稼ぎ方が学べる無料メール講座

このページの先頭へ

サラゲコ